大晦日とは・・・

1年の最後の日を「大晦日〔おおみそか〕」または
 「大晦〔おおつごもり〕」とも呼びます。
 「晦日〔みそか〕」とは毎月の末日のことです。
 一方「晦〔つごもり〕」とは、月が隠れる日のことで
月隠〔つきごもり〕が訛ったもので、どちらも毎月の末日を指します。
 1年の最後の特別な末日を表すため、末日を表す2つの言葉の
それぞれ「大」を付けて「大晦日」「大晦」 12月31日「大晦日」には
1年の間に受けた罪や穢れけがれを祓うために、
大祓い〔おおはらい〕が宮中や全国の神社で執り行われます。
 仏教色が強い夏のお盆に対して、正月の行事の1つである
大晦日は 新しい年の穀物に実りをもたらし
私たちに命を与えて くださる歳神様を祀るのです。
 除夜は 歳神様を迎えるため一晩中起きている習わしがあり、
 この夜に早く寝ると白髪になる、
シワが寄るなどの俗信が あるのですよ・・・
そば    にしんそば
JUGEMテーマ:つぶやき。
| 食べ物 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

スポンサーサイト

| - | 16:09 | - | - | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK